友桝飲料のこだわり

 友桝飲料の工場で生産される商品には、一見非効率と思われる工程が数多く存在します。それは友桝飲料では効率よりも、さまざまなこだわりをお客様にお届けすることのほうが大事だという考えのもと物づくりに取り組んでいるからです。
 容器、砂糖、製法、健康、環境、パッケージデザイン・・・そんな友桝飲料のこだわりをほんの少しですがご紹介いたします。

 

 

ガラス瓶へのこだわり

 一般的にガラス瓶は重くて割れやすく、古い、利便性がないというようなイメージがあります。特に近年では利便性の高いPET容器が市場で支持される傾向にあります。そのようななか友桝飲料では、主にガラス瓶にこだわり、商品を開発しております。

「なぜ、友桝飲料はガラス瓶にこだわるのか?」

 それはガラス瓶には高い保存性、リサイクル性など、他の容器以上に多くの優れた特性があるからです。ガラス瓶は現在主流のPET容器よりも密封性に優れています。空気を通さないので、中身の鮮度を長く安全に保存できます。消費者の方々に工場で出来立ての風味を損なわず、一番美味しく召し上がっていただける容器だと友桝飲料では考えています。あまり知られていませんが、PET容器は空気を通しますので、瓶に比べて保存性が低下します。ガラス瓶は美味しく安全に保存するのに非常にすぐれた容器なんですね。
 美味しく飲み終わったガラス瓶は使い終わった後溶かされて、また新しいガラス瓶やいろいろな用途の原料として生まれ変わります。ガラス瓶は環境に優しい容器なんですね。ガラス瓶に対する「鮮度」への信頼、「エコ」への関心も高まってきています。素材にこだわりをもって丁寧に作られる商品ほど、ガラス瓶が容器として選ばれています。わたしたちはガラス瓶のよさを活かした商品をこれからも作り続けていきます。

  砂糖へのこだわり

 砂糖はたくさんある甘味料の中で最も高価なものの一つになりますが、その価格に値する非常に優れた甘味料なのです。
なんといっても飲んだ時に口に広がる甘さの質が違います。よく甘い飲料を飲んだ後、口の中にべったりと甘さが残るということを聞く時がありますが、砂糖で甘さを出している飲料は後味がすっきりとしています。いやな甘さが口に残らないのも砂糖の持つ特性です。砂糖は数ある甘味料の中で、もっともバランスのとれた、人が美味しく感じることのできる甘味料と言われています。
 また、砂糖は天然のサトウキビからできる甘味料ですので、どなたにでも安心して飲んでいただけます。砂糖は体に優しい自然の甘味料なのです。わたしたちは安全・健康にこだわり砂糖を使用していきたいと思います。

製法、パッケージデザインへのこだわり

 友桝飲料の代表商品「スワンサイダー(復刻版)」は、上質のグラニュー糖を蒸気釜を使い、入念に溶かし込み、手間ひまをかけて昔ながらの製法で製造しています。昔から愛されてきた味と伝統を守り続けて、現在に至っています。
また、スワンサイダーの復刻にあたり、ロゴや字体は当時のままに、しかし瓶やラベル全体の外観に関しては大胆にリニューアルして商品化していきます。

 

わたしたちはこれからも、次世代に残すべきものはしっかりと守り続けていきながら、時代のニーズに合わせ、変えるべきは変えお客様によろこんでいただける物づくりを続けていきます。

 

 

 

ページの先頭へ

Copyright TOMOMASU DRINK Co.,LTD. All Rights Reserved.