品質保証

品質管理(HACCP)への取り組み状況 *HACCP取得

近年食品業界では、O157に代表される食中毒の多発を契機として、HACCP(ハセップ)と呼ばれる高度な食品管理手法の導入が乳製品・魚肉製品等を中心に制度化されてきております。清涼飲料業界でも「食品の製造過程の管理の高度化に関する臨時措置法(HACCP手法支援法・・・平成10年7月1日施行)」の制定を機に、HACCP対応工場への施設整備が急務となっています。

当社では、同業他社に先駆け、平成13年1月に清涼飲料業界では第一号として、HACCP手法支援法の高度化計画認定企業となり、平成14年と平成15年の二度にわたり、大規模な工場整備に取り組んでおります。

また、平成24年には小城蛍の郷ファクトリーパーク内で新工場の操業が開始され、平成27年2月には厚生労働省認可のHACCP(総合衛生管理製造過程)を取得しました。

今後ともHACCP手法に従い、施設整備及び品質管理の徹底を実施して、安全でおいしい製品を市場に提供していきます。

有資格者
 JAS品質管理責任者 ・・・・・ 6名
 ISO内部監査員 ・・・・・ 2名
 食品衛生監視員 ・・・・・ 1名
 食品衛生管理者 ・・・・・ 1名
 HACCP講習会受講者 ・・・・・ 4名
 管理栄養士 ・・・・・ 2名

 

HACCP簡易解説

HACCPは、2つのもので構成されています。HAはハザード・アナリシスで「危害分析」。CCPはクリティカル・コントロール・ポイントで「重要管理点」。まず、どのような食品の危害があるかを分析します。そして、その危害を防止するために、重要なチェックポイントを決めて、徹底的にそのポイントを管理し、食品の危害が出ないようにするシステムです。

HACCPとは

安全、高品質、競争力のある製品を作るために
            
食中毒や、異物など、予測される事故を想定して
            
仕入から、製造工程、物流まで含めた各過程それぞれにチェックポイントを定め
            
各チェックポイントごとに誰が、どのような管理をするかを決め、問題が出たら、誰に相談するかを決めておき、記録をとって、あとで事故が起こったり、PL法の対応まで出来るようにしておくこと。

製造工程概略

衛生的でオートメーション化された工場の中で当社の製品は造られています。

炭酸飲料

シロップ調合

計量混合

加熱殺菌

ろ過

炭酸ガス冷却圧入

充填

密封

加温・後殺菌

製品検査

箱詰
 

 

果汁系飲料

シロップ調合

計量混合

加熱殺菌

ろ過

充填

密封

転倒殺菌

冷却

製品検査

箱詰

充填室
衛生準備室
生産監視室
包装ライン

 

ページの先頭へ

Copyright TOMOMASU DRINK Co.,LTD. All Rights Reserved.